SNSに関わるセキュリティとプライバシーの問題をまとめた報告書を公開(JNSA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

SNSに関わるセキュリティとプライバシーの問題をまとめた報告書を公開(JNSA)

JNSAは、「SNSの安全な歩き方~セキュリティとプライバシーの課題と対策」を公開した。SNSの概要とビジネスモデルを解説し、SNSに関わるセキュリティとプライバシーの問題についてまとめている。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
NPO 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は11月19日、「SNSの安全な歩き方~セキュリティとプライバシーの課題と対策」を公開した。本稿は、SNSの概要とビジネスモデルを解説し、SNSに関わるセキュリティとプライバシーの問題についてまとめたもの。これまで、ネットワークセキュリティは技術的なセキュリティやセキュリティマネジメントが中心となっていたが、SNSにおいてはプライバシーにかかわる問題が大きな比重を占めることになり、プライバシーに対する侵害への懸念から、SNSの利用を危険視する考えも根強いものがある。

SNSのプライバシーとセキュリティの問題と対策については、プライバシーに関する情報の集積として「不用意な公開」「設定の不備」「知識不足」「アプリケーションによる公開」「“友達”による情報の公開」「他の情報との関連付け」などの側面から問題と対策をまとめている。また、「マルウェア感染や詐欺行為のプラットフォームとしての利用」」「偽アカウント・アカウントの乗っ取り」「不適切な発言・行為」についても言及している。付録として「Facebookの設定項目」も記載。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×