JRE/JDKの既知の脆弱性を悪用する攻撃を確認、ターゲットは国内組織(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

JRE/JDKの既知の脆弱性を悪用する攻撃を確認、ターゲットは国内組織(日本IBM)

脆弱性と脅威 脅威動向

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は11月12日、JRE/JDKの脆弱性を悪用するドライブ・バイ・ダウンロード攻撃を実際に行っているサイトの存在をTokyo SOCにおいて確認したと発表した。この脆弱性は、2012年10月に脆弱性情報(Oracle Java SE Critical Patch Update Advisory - October 2012)が公開されたもの。確認の結果、攻撃が有効であり、実際にアクセスすることでランサムウェアに感染するリスクがある。

現在のところTokyo SOCでは、国内組織をターゲットにしたこの脆弱性を悪用する攻撃は確認していない。しかし、実際の攻撃がすでに行われていることから、今後インターネット全体に攻撃が広がることが予想されるため、注意が必要としている。攻撃のターゲットとなる脆弱性は「JRE/JDK 7 update 7および、それ以前のバージョン」「JDK/JRE 6 Update 35 およびそれ以前のバージョン」であり、最新バージョンのJRE/JDKでは攻撃の影響を受けることはない。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×