統合ログ管理システムに標的型サイバー攻撃対策用のテンプレート(インフォサイエンス、アズビル セキュリティフライデー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.18(土)

統合ログ管理システムに標的型サイバー攻撃対策用のテンプレート(インフォサイエンス、アズビル セキュリティフライデー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

インフォサイエンス株式会社は10月2日、標的型サイバー攻撃の兆候を早期に発見する「Logstorage for VISUACT 標的型サイバー攻撃 対策テンプレート」の出荷を10月31日より開始すると発表した。これは、インフォサイエンスの統合ログ管理システム「Logstorage」とアズビル セキュリティフライデー株式会社の「VISUACT」「Visuact-lite」を連携したもの。

本テンプレートは、パケットキャプチャ型のログ収集システムである「VISUACT」「Visuact-lite」が記録したアクセスログを「Logstorage」に自動連携させて使用するもの。各種レポートテンプレートにより、マルウェアの行動検出、不正に利用されやすい未使用アカウントや非管理PC・サーバの検出、さらにはマルウェアがC&Cサーバなど、外部の攻撃サイトにアクセスした履歴を出力するなど、マルウェアの侵入を早期に発見するためのレポートテンプレートとなっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×