スマホユーザの15%が「自分の端末は危険ではない」--グローバル調査(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.18(火)

スマホユーザの15%が「自分の端末は危険ではない」--グローバル調査(カスペルスキー)

カスペルスキーは、ロシアKasperskyが9月12日に公開したリリースの抄訳として、O+K Research社が世界25カ国を対象に実施した調査の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は10月2日、ロシアKasperskyが9月12日に公開したリリースの抄訳として、O+K Research社が世界25カ国を対象に実施した調査の結果を発表した。調査結果によると、IT関連以外のメディアでも報道された最も危険なオンライン上の脅威「Stuxnet」「Duqu」「Zeus」について、一般ユーザの2/3が「聞いたことがない」と答え、28%は漠然と認識しているレベルであったという。

さらに、半数近くのデスクトップPCユーザとApple社の製品を除いたノートPCユーザは、自分自身のデータは比較的安全だと考えており、回答者の8.5%は、自身のデスクトップPCやノートPCに追加の保護が必要ないと考えていることも明らかになった。モバイル端末における状況はさらに複雑で、タブレット所有者の16%と最新のスマートフォンユーザの15%は、自分のデバイスは危険ではないと考えていた。危険と考えているユーザは、この半数以下であった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×