ファジング導入における検討課題へのアプローチを紹介(IPA) | ScanNetSecurity
2020.10.21(水)

ファジング導入における検討課題へのアプローチを紹介(IPA)

IPAは、製品開発企業の経営者・品質保証部門の部門長などに向けて、製品の修正費用の低減につながるセキュリティテスト「ファジング」の活用方法を分析、技術レポート「テクニカルウォッチ」として公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は9月13日、製品開発企業の経営者・品質保証部門の部門長などに向けて、製品の修正費用の低減につながるセキュリティテスト「ファジング」の活用方法を分析、技術レポート「テクニカルウォッチ」として公開した。ファジングとは、製品の品質を確保するセキュリティテストの手法のひとつ。IPAにおいても、ファジングを実践しながらファジングの普及を促進する「脆弱性検出の普及活動」を実施している。

実際にファジングを導入している国内の企業5社の協力を得て、ファジング活用方法、効果などのヒアリングを行ったところ、各企業の課題が浮かび上がってきた。本レポートでは、ファジング導入における2つの検討課題「ファジング導入・運用に掛かる費用」「テスト期間への影響」を考察し、その結果をもとにファジング導入に向けた「オープンソースソフトウェア等を活用したファジング」「商用製品を活用したファジング」の2つのアプローチを紹介している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×