みずほ銀行をかたるフィッシングメールが出回る(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

みずほ銀行をかたるフィッシングメールが出回る(フィッシング対策協議会)

脆弱性と脅威 脅威動向

 フィッシング対策協議会は12日、みずほ銀行をかたるフィッシングが登場したとして、注意喚起する文章を公開した。

 それによると、みずほ銀行をかたるフィッシングメールが出回っているとのこと。14時時点では、フィッシングサイトは稼働しており、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼したとのこと。メールの本文は日本語で記述されており、偽のサイト「http://infosmbcnews.hk542.●●●●●●.com/」「http://infosmbcnews.sim20-102.●●●●●.com」に誘導する内容となっている。

 同協議会では、フィッシングサイトでログインに必要な情報(お客さま番号、第1暗証番号、第2暗証番号、ログインパスワード、合言葉)などを入力しないように注意することを呼びかけている。

 またみずほ銀行も、注意を呼びかけるページを公開。「当行を装い、みずほダイレクトのご契約内容などお客さまの情報を盗み取ろうとしている不審メールが発信されているとの情報が寄せられております」として、偽サイトの見分け方を解説している。

みずほ銀行をかたるフィッシングサイトが出現……フィッシング対策協議会が注意喚起

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×