Facebookをはじめとするチャット機能を介して広がるボットを確認(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

Facebookをはじめとするチャット機能を介して広がるボットを確認(マカフィー)

脆弱性と脅威 脅威動向

マカフィー株式会社は9月4日、同社McAfee Labsが最近、攻撃者がさまざまなメッセンジャーを介して被害者のマシンにコマンドを拡散するボットネット型のマルウェアを発見したとブログで公開している。これは、被害者となるユーザの画面に、知らない人物からのチャットウインドウが開くというもの。メッセージには「面白いビデオのリンク」というタイトルのURLが記載されており、ユーザがリンクをクリックするとマルウェアがダウンロードされ、マシンが感染する。これはマルウェアの作成者が使用する典型的な手口だ。

マルウェアが実行されるとファイアウォールを迂回し、それぞれのサービスに対して、あるルーチンを実行し無効にする。さらにInternet Expolorerのスタートページを変更し、ChromeやFirefoxのプリファレンスファイルを変更する。さらにマルウェアは、ユーザのマシンにあるチャットウインドウを洗い出し、おとりとして面白いビデオのリンクを仕掛ける。同社では、チャットの送信者を確認するとともに、メッセージ内のリンクのクリックに注意するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×