定義ファイルのアップデートにより一部で不具合が発生、最新の定義ファイルでトラブルは解消(マカフィー) | ScanNetSecurity
2021.09.23(木)

定義ファイルのアップデートにより一部で不具合が発生、最新の定義ファイルでトラブルは解消(マカフィー)

 マカフィーは22日、個人向けアンチウイルス製品および企業向けの「McAfee VirusScan Enterprise」において、定義ファイルのアップデートにより、一部で不具合が発生したことを発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
 マカフィーは22日、個人向けアンチウイルス製品および企業向けの「McAfee VirusScan Enterprise」において、定義ファイルのアップデートにより、一部で不具合が発生したことを発表した。

 問題を引き起こす可能性がある定義ファイルは、18日に配信された「6807」「6808」。インターネットサービスへ繋がらない、および機能に問題を起こす不具合が発生するという。

 最新の定義ファイル「6809」により、トラブルは解消されるとのこと。個人では、McAfee製品をアンインストールし、Webから製品を再インストールすることで、ネットに接続可能となる。法人では、定義ファイルの最新版(DAT 6809以上)を確実にインストールすることで解消される。定義ファイル6807と6808を適用した場合は、最新版のDAT 6809以上の適用と、さらにHotfixを適用する必要がある。

マカフィー、ウイルス定義ファイルのアップデートで不具合

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×