大学院生が車上荒らし被害、患者の個人情報を記録したUSBメモリが紛失(岐阜大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.21(土)

大学院生が車上荒らし被害、患者の個人情報を記録したUSBメモリが紛失(岐阜大学)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

国立大学法人岐阜大学は8月27日および28日、同学大学院医学系研究科の大学院生が、学位論文を作成するために所持していた患者の個人情報を盗難により紛失したことが判明したと発表した。これは8月22日20時頃から21時頃までの間、瑞穂市内の駐車場で車上荒らしに遭ったというもの。その際に盗難された鞄に、同学医学部附属病院の患者手術データを記録したUSBメモリが入っていた。

盗難されたUSBメモリには、1985年から2011年までの同学医学部附属病院の患者手術データ(2,726件)が記録されていた。当該手術データには、氏名、患者ID、性別、生年月日、視力に関する情報、手術日などの手術に関する情報が記録されていたことが確認されている。すでに警察に届出を行っているが、現在のところ発見には至っていないという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×