理化学研究所を騙る標的型メール攻撃を確認、文面を公開(理化学研究所) | ScanNetSecurity
2023.03.26(日)

理化学研究所を騙る標的型メール攻撃を確認、文面を公開(理化学研究所)

理化学研究所は、同研究所の計算科学研究機構を騙った標的型メール攻撃を8月下旬から確認しているとして、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
独立行政法人 理化学研究所は8月30日、同研究所の計算科学研究機構を騙った標的型メール攻撃を8月下旬から確認しているとして、注意喚起を発表した。このメールは、同研究機構との共催でイタリア パヴィーア大学で開催するイベントの招待を装った日本語のもので、「The K computer Day 開催知らせ」という件名が確認されている。

文面は同イベントのお知らせという内容になっているが、メールに添付される「The K computer Day 招待状.doc」というファイルを開くと、不正プログラムが起動し、意図しない通信を海外サーバに対して行い、PC内部の情報を外部に送信する恐れがあるとしている。同研究機構では、このようなファイルを添付したメールを送信していないため、同様の不審なメールを受信した際には添付ファイルを開かないよう、注意を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×