ユーザー認証を2重化して不正アクセスを阻止(米Dropbox) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

ユーザー認証を2重化して不正アクセスを阻止(米Dropbox)

 米Dropboxは27日(現地時間)、同社のユーザー情報が流出した可能性のある問題が発生したことを受け、その対策としてセキュリティの強化策を発表した。ユーザー認証を2重化して不正アクセスを阻止する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米Dropboxは27日(現地時間)、同社のユーザー情報が流出した可能性のある問題が発生したことを受け、その対策としてセキュリティの強化策を発表した。ユーザー認証を2重化して不正アクセスを阻止する。

 Dropboxでは、7月に外部の無関係なサービスから不正アクセス事件があり、パスワードを複数サービスで流用していたユーザーが被害にあった。関連してDropboxのユーザーのメールアドレスが漏れる被害も発生している。Dropboxでは再発防止のためセキュリティを向上させることを予告していた。

 今回のセキュリティ強化はユーザー認証を2重にするもので、具体的には通常のパスワードに加え、ワンタイムパスワードが必要になる。このパスワードはモバイル認証アプリを使って生成する。初回のみ入力が必要だが、2回目以降は入力の必要はない。また、この2重のユーザー認証を利用せず、従来通りにすることも、設定により可能だ。

Dropbox、ユーザー情報の流出受け、セキュリティを強化

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×