統合アイデンティティ管理ソリューションの新版、管理や定義がより容易に(CA Technologies) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

統合アイデンティティ管理ソリューションの新版、管理や定義がより容易に(CA Technologies)

CA Technologiesは、統合アイデンティティ管理ソリューションの最新版「CA IdentityMinder(旧製品名:CA Identity Manager)r12.6」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
CA Technologiesは8月27日、統合アイデンティティ管理ソリューションの最新版「CA IdentityMinder(旧製品名:CA Identity Manager)r12.6」を発表した。参考価格は、1,000ユーザで576万円から。本製品は、企業において複雑化するユーザのアイデンティティ管理を簡素化・合理化し、コンプライアンスおよびセキュリティの確保、リスク管理や管理コストの削減を実現する包括的なアイデンティティ管理ソリューション。

最新版では、コーディングを行わずにWebGUIより自社に必要なビジネスポリシー、ロジックを定義できる「Policy Express」、オブジェクト単位の管理や環境間の移行といった構成管理を、GUIからの操作で容易に実施できる「Config Express」を新たに搭載したほか、パスワード・ポリシーに関する設定の拡張などの機能強化がなされている。クラウドを含むあらゆる環境におけるIDの不正利用の防止を強化することで、より確実なセキュリティ確保とコンプライアンス対応を実現できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×