NVIDIA Developer Zone、フォーラムがハッキング攻撃で略奪〜パスワードはsaltされているが残りは無事ではない(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

NVIDIA Developer Zone、フォーラムがハッキング攻撃で略奪〜パスワードはsaltされているが残りは無事ではない(The Register)

その情報には、一般に公開されいるユーザーごとの「About Me」プロフィールページの詳細のほか、ユーザー名、電子メールアドレスが含まれている。

国際 TheRegister
グラフィックプロセッサー企業のNVIDIAが、同社のディスカッション・フォーラムとDeveloper Zoneのユーザーに連絡し、同社サーバがハッキングされたと警告した。

forums.nvidia.comでホスティングされているメッセージ・ボードと、developer.nvidia.comのプログラミング・リソースが先週、侵害された。一方向暗号化ハッシュとして適切にsaltされ、保存されていたにも関わらず、改ざんされたシステムから盗まれたデータにはアカウント・パスワードが含まれていた。

チップ設計者が攻撃に気づくとすぐ、それらは停止され、何がまずいのはを解明しようとし始めた…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×