「Win MX」で音楽ファイルを公開していた男性4名を逮捕(JASRAC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

「Win MX」で音楽ファイルを公開していた男性4名を逮捕(JASRAC)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)は7月19日、福岡県警察本部サイバー犯罪対策課、福岡県うきは警察署、宗像警察署および嘉麻警察署がJASRACの告訴(7月17日)を受け、ファイル共有ソフト「Win MX」を使用してインターネット上に音楽ファイルを公開していた男性4名を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで同日に逮捕したと発表した。

被疑者らは、兵庫県西脇市在住の30歳、兵庫県神戸市在住の34歳、福岡県福岡市在住の50歳および鹿児島県霧島市在住の55歳で、いずれもJASRACの管理楽曲である音楽ファイルをJASRACに無断でインターネット上に公開し、不特定多数のユーザに対して送信できるようにして著作権(公衆送信権)を侵害した容疑が持たれている。また、同じく「Win MX」を使用してJASRACの有する著作権(公衆送信権)を侵害したとしてJASRACが福岡県朝倉警察署に告訴(7月9日)していた案件について、同署は7月18日、大阪府枚方市在住の男性(47歳)を福岡地方検察庁に書類送致した。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×