ダウンロード販売代行サイトに不正アクセス、18,832件の顧客情報が流出(エクスチェンジ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

ダウンロード販売代行サイトに不正アクセス、18,832件の顧客情報が流出(エクスチェンジ)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社エクスチェンジは7月2日、同社の運用するダウンロード販売代行システム「NET RIDE」のサーバが不正アクセスによる攻撃を受け、顧客情報の一部が不正に閲覧・取得された可能性のあることが調査の結果、判明したと発表した。

ログ解析により、6月30日23時50分から7月1日4時50分頃にかけ、大量かつ断続的に「NET RIDE」データベースサーバ内のデータベースに対してSQLインジェクションが行われたことが確認された。これにより、18,832件の顧客の個人情報(ID、パスワード、メールアドレス)が不正に閲覧・取得された可能性があるとしている。同社では二次被害を防ぐため、流出した可能性のある会員のパスワードを強制的に変更、メールで通知したという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×