3社共同で、業務を自動的に再開できるDRソリューションを提供(日立、シマンテック、CTC) | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

3社共同で、業務を自動的に再開できるDRソリューションを提供(日立、シマンテック、CTC)

日立製作所、シマンテック、CTCの3社は、ユーザによる追加作業の必要なくシステムを復旧し、業務を自動的に再開できるディザスタリカバリソリューションの提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立製作所、株式会社シマンテック、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は7月6日、ユーザによる追加作業の必要なくシステムを復旧し、業務を自動的に再開できるディザスタリカバリソリューションの提供を同日から開始したと発表した。本ソリューションは、日立とシマンテックの製品を組み合わせ、CTCも加えた3社共同でシステム検証を行ったもの。販売はCTCが担当する。

本ソリューションでは、「VMware vCenter Site Recovery Manager 5」によるリモートサイトにおける仮想マシンの復旧処理に、「Hitachi Unified Storage 100シリーズ」の提供するリモートレプリケーション機能によるデータのミラーリング処理、また「Symantec ApplicationHA」による仮想マシン上のアプリケーション稼働状況の監視・制御処理を連携することで、復旧プロセスの自動化を実現した。管理者による手動での復旧作業などを必要とせず、運用にかかる負担や操作ミスを軽減するほか、システム復旧にかかる時間を短縮し、確実なシステム復旧を可能とすることで、災害などによるクラウド環境のシステム停止と、それに伴うビジネスへの影響を最小限に抑える。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×