海外拠点がウィーケスト・リンクの標的に--セキュリティ分析レポート(NRIセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

海外拠点がウィーケスト・リンクの標的に--セキュリティ分析レポート(NRIセキュア)

NRIセキュアは、「サイバーセキュリティ 傾向分析レポート2012」をまとめ、発表した。海外拠点をもつ日本企業の世界各地に点在するWebサイトの半数で致命的な脆弱性が確認されている。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は7月5日、「サイバーセキュリティ 傾向分析レポート2012」をまとめ、発表した。本レポートは、2011年度に顧客企業に提供した情報セキュリティ対策サービスを通じて得たデータをもとにまとめたもの。企業や公的機関において、ウイルスやハッカーからシステムを守るセキュリティ対策の推進支援を目的に、2005年度以降、毎年公表しており、今回で8回目となる。

レポートによると、「セキュリティ管理を現地任せにしていることが多い、海外拠点Webサイトの半数は危険な状態にある」「企業の公開Webシステムの3割強が、ファイアウォールで防げない危険な脆弱性への対策が不十分」「ソーシャルメディアの普及により、標的型メール攻撃の脅威が大きくなってきているが、それに向けた対策が不十分である」の3点が大きな問題として浮き彫りになった。特に、海外拠点をもつ日本企業の世界各地に点在するWebサイトの半数で致命的な脆弱性が確認されており、こうした「ウィーケスト・リンク」が標的になると警告している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×