「最も小さいバンキングトロイの木馬」の分析結果を発表(Dr.WEB) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

「最も小さいバンキングトロイの木馬」の分析結果を発表(Dr.WEB)

Dr.WEBは、「Tinba」の技術的な分析結果を公開した。Tinbaは6月初旬に発見されたトロイの木馬で、「最も小さいバンキングトロイの木馬」として多くのメディアが取り上げている。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は6月25日、「Tinba(tiny banker)」の技術的な分析結果を公開した。Tinbaは6月初旬に発見されたトロイの木馬で、「最も小さいバンキングトロイの木馬」として多くのメディアが取り上げている。このトロイの木馬はアセンブリ言語で書かれており、わずか20KBという非常にコンパクトなマルウェアとなっている。

ニュース機関やアンチウイルスデベロッパは6月5日に発表しているが、このトロイの木馬はDr.Webアンチウイルスによってすでに「Trojan.Hottrend」として検出されており、Dr.Webウイルスデータベースには4月下旬に登録されており、現在まで少なくとも5つの亜種が発見されている。このマルウェアは、インターネットトラフィックを監視し、重要な情報(バンキング情報など)を傍受して犯罪者に送信することを主要な目的としているという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×