ロンドンオリンピックをテーマにした標的型攻撃を検出(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

ロンドンオリンピックをテーマにした標的型攻撃を検出(エフセキュア)

エフセキュアは、オリンピックをテーマにした悪意あるPDFファイルを検出したとブログで公開している。

脆弱性と脅威 脅威動向
エフセキュア株式会社は5月28日、オリンピックをテーマにした悪意あるPDFファイルを検出したとブログで公開している。検出された同PDFファイルは、は「CVE-2010-2883」の脆弱性を悪用するもので、古いバージョンのAdobe ReaderとAcrobatに影響を及ぼす。この典型的なPDFエクスプロイトは、攻撃の一部としてクリーンな囮をローンチする。

このケースでは、2010年10月頃のロンドン2012オリンピックのスケジュールであった。オリジナルのPDFは、現在も以下のサイトでオンラインとなっている
london2012.com
また同エクスプロイトは、中国包头市の「student travel」で登録されたサイトにネットワーク接続しようとする。同社では、オリンピックなどのイベント関連のメールで添付ファイルやリンクを含むものに注意すること、Adobe Readerを最新版にしておくことを呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×