スマートフォンのOS別シェアを発表、androidとiOSだけで全体の8割を超える(IDC) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

スマートフォンのOS別シェアを発表、androidとiOSだけで全体の8割を超える(IDC)

 米調査会社のIDCは24日(現地時間)、第1四半期(1〜3月)のスマートフォンのOS別シェアを発表した。シェア1位のAndroid端末は全体の59%の達し、androidとiOSだけで全体の8割を超える結果となっている。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 米調査会社のIDCは24日(現地時間)、第1四半期(1~3月)のスマートフォンのOS別シェアを発表した。シェア1位のAndroid端末は全体の59%の達し、androidとiOSだけで全体の8割を超える結果となっている。

 この四半期のAndroid端末の出荷台数は8990万台で、前年同期より145%も増加した。シェアは前年同期の36.1%から59.0%へと大幅にアップしている。2位はiOSで、出荷台数3510万台で前年比88%増。シェアは18.6%から23.0%に増えた。この2つを合わせたシェアは前年同期が54.4%であったのに対して今期は82.0%となっている。

 3位はノキアの独自OSであるSymbianでシェアは26.0%から6.8%に急減。4位はBlackBerryで、こちらもシェアは13.6%から6.4%へと急減した。注目の集まるWindows PhoneについてはWindows Mobileとの合計データとなっており、出荷台数は260万台から330万台へと増加したが、AndroidやiOSはそれ以上に台数を伸ばしたため、シェアは2.6%から2.2%に減少した。

 調査結果から、スマートフォンのOSはAndroidとiOSの寡占状態にあることが鮮明となった。Symbianはすでに開発終了しているため、かつて北米で人気を集めたBlackBerryの復活や、マイクロソフトが全力をあげるWindows Phoneの躍進があるのかどうかが注目される。

スマートフォンのOS別シェア、出荷ベースでAndroid59%

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×