Macによって構成される最大規模のボットネット発見など--4月レポート(Dr.WEB) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

Macによって構成される最大規模のボットネット発見など--4月レポート(Dr.WEB)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は5月9日、「2012年4月のウイルス脅威」をまとめ発表した。4月にDr.Web CureIt!によってユーザのコンピューター上で検出された悪意のあるプログラムの中で最も多かったのは「SCRIPT.Virus」、次いで「Trojan.Fraudster.261」「Trojan.Fraudster.256」であった。この3種は同月、メールトラフィック内で検出されたマルウェアにおいてもトップ3を占めた。

また4月は、情報セキュリティ脅威に関するイベントという点において、最も密度の濃い月としている。4月の初旬には、Doctor WebのエキスパートがMac OS X搭載コンピュータによって構成される史上最大規模のボットネットを発見し、その少し後には100万台以上の感染したコンピュータを含む「Win32.Rmnet.12」ボットネットの乗っ取りに成功したことを公表した。同月の後半には、トロイの木馬エンコーダがまず西ヨーロッパの人々を、そして世界中のユーザを脅かし始めた。また、Macが世界規模で攻撃されていることも取り上げている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×