Zeus系の新たな脅威「Citadel」は手厚いサポートが売り--AFCCニュース(EMCジャパン) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

Zeus系の新たな脅威「Citadel」は手厚いサポートが売り--AFCCニュース(EMCジャパン)

EMCジャパン RSA事業本部は、フィッシングやオンライン犯罪関連ニュース「Monthly AFCC NEWS Vol.57」を発行した。トピックとして「サイバー犯罪ビジネスに転機をもたらすZeus系Citadel Trojan」を取り上げている。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
EMCジャパン株式会社 RSA事業本部は4月26日、フィッシングやオンライン犯罪関連ニュース「Monthly AFCC NEWS Vol.57」を発行した。本ニュースは、RSAが提供するフィッシングサイト閉鎖サービス「RSA FraudAction」の中核であるAFCC(Anti-Fraud Command Center:不正対策指令センター)がまとめたもの。本号ではトピックとして「サイバー犯罪ビジネスに転機をもたらすZeus系Citadel Trojan~徹底した“顧客”サポートで存在感増すCitadelの開発サポートチーム~」を取り上げている。

Zeus Ver.2.0の発展系であるCitadelの最大の特徴は「サポートコミュニティに対する約束」であり、地下市場であるにもかかわらず通常の法人向けビジネスにおけるプロフェッショナルサービスのような「整備されたカスタマーサービス」の存在をRSAにおいても確認しているという。3月のフィッシング攻撃総数は、19,141件と1月からの減少傾向が継続しており、前月比で9%減少した。ただし、昨年も同時期に減少傾向が続いた後に大きく増加しているため、油断は禁物としている。3月にフィッシング攻撃を受けたブランド数は、2月の281件から8%増加の303件であった。日本でホストされたフィッシングサイト数は10件と、2月の263件から大幅に減少した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×