内閣府を騙る不正なメールの送信を検知、収束したものの注意を呼びかけ(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

内閣府を騙る不正なメールの送信を検知、収束したものの注意を呼びかけ(日本IBM)

日本IBMは、内閣府を騙る不正なメールが送信されていることを確認した。送信されるメールは比較的広域で確認されている。

脆弱性と脅威 脅威動向
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は4月5日、同日6時頃から11時頃にかけて内閣府を騙る不正なメールが送信されていることを確認したと発表した。送信されるメールは比較的広域で確認されている。検知状況では、4月5日9時の70件超がピーク。メールに添付されたzipファイルを展開し、ファイルを実行するとウイルスに感染する。すでに攻撃は収束しているが、日中のメールを受信していない場合は、今後このようなメールを受信する可能性がある。このため、同様のメールを受信した場合は開かないよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×