約8割が「1億円もらっても自分のPCを他人に使われたくない」と回答(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.25(水)

約8割が「1億円もらっても自分のPCを他人に使われたくない」と回答(シマンテック)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

株式会社シマンテックは3月29日、日本人のインターネット依存、個人情報の重要性、インターネットセキュリティに対する理解などについて実施した調査の結果を発表した。なお、調査時期や方法、回答者数、属性などは公開されていない。調査結果によると、日本人は平均して週に49時間インターネットを利用しており(起きている時間の3分の1以上)、ほぼ全員(90%)がインターネット上でメールをチェックしている一方、Webの閲覧(週13.2時間)やソーシャルネットワーク上の交流(週6.8時間)に多くの時間を費やしている。

回答者の19%が「インターネットがなかったら3時間以内に禁断症状を覚えるだろう」と回答するなど依存性の高さを認識しており、それだけにネット犯罪や脅威に対する基本的な知識および保護の必要性への理解は比較的高いという結果となった。また10人中8人近くが「見知らぬ人に自分のPCにアクセスされるくらいなら1億円をあきらめる」と回答した。最も価値のある情報として金融関係情報(38%)や個人情報(28%)を挙げている反面で、27%はバックアップを実施しておらず、約8割が基本的なウイルス対策製品で十分と答えている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×