セキュリティ対策を実行する人、しない人--社会心理学の見地で調査(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

セキュリティ対策を実行する人、しない人--社会心理学の見地で調査(IPA)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)技術本部セキュリティセンターは3月5日、「リスク認知と実行に関する調査」報告書を公開した。本報告書は、情報セキュリティ対策を実行する「個人のふるまい」に着目し、対策を実施するための要因を探求するために実施した「リスク認知と実行に関する調査」の事業報告をまとめたもの。社会心理学分野の知見を援用し、情報セキュリティ対策を迫られた個人が、対策実行へと態度を変えるための要因をアンケート調査と実験室実験によって明らかにする試み。

調査結果では、セキュリティ対策について「対策意識にネガティブで、そのような行動は面倒だと思い、かつ利己的な人は実行しない傾向」があり、「上下意識(指示系統が働く組織意識)が強い人」という結果となった。反対に、「ボットウイルスが何であるかよくわかっている人」「責任意識が高い人」「セキュリティ対策への意識が強い人」「友人集団の和を重視する傾向のある人」「新しい情報に積極的な人」などは対策を実行する傾向にあるとした。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×