万里のファイアウォールが水漏れ:中国人がオバマのGoogle+ページに押し寄せる〜言論の自由? 中国で?(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

万里のファイアウォールが水漏れ:中国人がオバマのGoogle+ページに押し寄せる〜言論の自由? 中国で?(The Register)

さらには、大統領のGoogle+ページで、自分たち自身の人を喰った「Occupy」抗議活動を行っているのだと表明する者もいた。標準中国語の突然の流入に驚いて、Googleが一夜にしてバイドゥに買収されたのかと不思議がる人々もいた。

国際 TheRegister
中国の悪名高きインターネット検閲ツール、万里のファイアウォールが先週、機能しなかったようで、人民共和国の何百人ものWebユーザーが米国大統領バラク・オバマのGoogle+ページにアクセスし、コメントを投稿した。

Googleのソーシャルネットワーキングサービスは(FacebookやTwitterなど、他の多くのサイトと同様)、それが社会的・政治的な異議申し立てのプラットフォームとなり得ることへの恐れから、中国ではブロックされている。共産党は全国的にインターネットのモニタリングを実施し、Golden Shield Projectとして知られるIPブロッキングを行う姿勢を強化している…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×