NECとCA Technologies、クラウドによる認証・セキュリティソリューションで協業 | ScanNetSecurity
2019.10.16(水)

NECとCA Technologies、クラウドによる認証・セキュリティソリューションで協業

 日本電気(NEC)と米CA Technologiesは9日、クラウドを利用した認証・セキュリティソリューション分野で協業することを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本電気(NEC)と米CA Technologiesは9日、クラウドを利用した認証・セキュリティソリューション分野で協業することを発表した。

 CA Technologiesのソフトウェア認証技術「ArcotID」を用いた「CA Arcotソリューション」を、NECのID活用基盤ソフトウェア「NC7000-3A」および総合セキュリティ対策ソリューション「NEC Mobile Security」に統合し、強固かつ柔軟なクラウド認証・セキュリティソリューションを開発したとのこと。NECがグローバル30ヶ国に向けて、販売を行う。

 従来、USBやスマートカードなどのハードウェアを用いて利用していた証明書ベースの認証(二要素認証など)を、セキュリティ強度を保ちつつソフトウェアで実現する「ArcotID」を加えることで、利便性とセキュリティ強度を両立した統合認証サービスとなっている。また、このソリューションでは、複数サイト間のID連携が容易な統合認証サービスをクラウドで実現している。

 本ソリューションを用いることにより、事業者は、スマートフォンおよびタブレットにおいても、ユーザの利便性を維持しながら、携帯電話(フィーチャーフォン)と同等の認証セキュリティ強度を提供することが可能となる見込み。出荷開始は、2012年3月で、スマートフォンのセキュリティ強化の課題を持つ通信事業者やコンテンツ事業者、サービス事業者等の企業を中心に拡販を図る。価格は、30万ユーザまでの場合で月額100万円(税
別)~。
《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×