JavaScriptが埋め込まれたHTMLファイルを添付したメール攻撃が増加(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

JavaScriptが埋め込まれたHTMLファイルを添付したメール攻撃が増加(シマンテック)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社シマンテックは1月31日、拡張子「.htm」のHTMLファイルが添付された悪質なメールによる攻撃が増えているとブログで発表している。多くのマルウェアでは、メールに「.zip」や「.rar」などの拡張子を持つ圧縮ファイルが添付されるが、同社が確認している攻撃では「.htm」が添付され、不明瞭化されたJavaScriptがそのファイルのコードに埋め込まれている。JavaScriptはマルウェアを仕込んだサイトにブラウザをリダイレクトさせることを目的としている。このサイトはロシアに置かれており、トロイの木馬「Trojan.Pidief」および「Trojan.Swifi」が仕掛けられている。

HTMLファイルに悪質なJavaScriptをインジェクトすると、ブラウザやプラグインの脆弱性を悪用して任意のコードを実行したり、偽のウイルス対策スキャンなど虚偽の情報を表示する。あるいは、JavaScript、HTMLなど他のファイルをダウンロードする、ブラウザセッションを乗っ取る、ユーザを悪質なWebサイトに誘導する、情報を盗み出すといったことが可能になる。同社では、メールやインスタントメッセージにある疑わしいリンクをクリックしない、開くときはブラウザにURLを直接入力するなどの対策を掲載している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×