ポータブルオーディオプレーヤの一部製品にウイルス混入(クリエイティブメディア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

ポータブルオーディオプレーヤの一部製品にウイルス混入(クリエイティブメディア)

クリエイティブメディアは、ポータブルオーディオプレーヤー製品「Creative ZEN Style Mシリーズ」の一部製品において、本体に内蔵されたフラッシュメモリにワーム型およびトロイの木馬型ウイルスが混入している可能性があることが確認されたと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
クリエイティブメディア株式会社は1月20日、同社により国内出荷されたポータブルオーディオプレーヤー製品「Creative ZEN Style Mシリーズ」の一部製品において、本体に内蔵されたフラッシュメモリに低リスクの対策可能なワーム型およびトロイの木馬型ウイルスが混入している可能性があることが確認されたと発表した。1月20日現在、同社でウイルス混入を確認した台数は、ユーザからの報告が1件、同社出荷前在庫13件となっている。

混入が確認されたウイルスは、「Autorun.inf」および「Boot.exe」。これらは既知のウイルスであり、最新の定義ファイルのウイルス対策ソフトで検出、隔離が可能。同社では市場への影響を抑えるため、「Creative ZEN Style M300」および「Creative ZEN Style M100」の出荷を停止するとともに、該当の可能性がある製品に関して倉庫在庫および店頭在庫の入れ替えを行うとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×