ドコモのspモードに不具合、メールアドレスが置き換わるなど発生(NTTドコモ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

ドコモのspモードに不具合、メールアドレスが置き換わるなど発生(NTTドコモ)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(NTTドコモ)は12月20日、同日12時22分から14時25分までの間、全国においてspモードがご利用しづらい状況が発生したと発表した。また、この通信設備の不具合に伴いspモードサービスのユーザにおいて、一部のユーザのメールアドレスが別のメールアドレスに誤って設定される事象などが発生した。約10万ユーザが影響を受けた可能性がある。

これは、ユーザが自身のspモードのメールアドレスを確認した際に、別のアドレスに置き換わってしまう、また、spモードメールを受信した際に、送信者とは別のspモード契約者から送信されたように表示されるというもの。この受信メールに返信すると、表示されている別のspモード契約者に送信される。同社では、関西地区の中継伝送路の中断によるspモードサーバでのふくそうに起因し、spモードサーバにおける電話番号とIPアドレスの関連付けに不整合が生じたとしており、同日18時頃にはおおむね解消したとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×