2011年に公開された月例パッチは99件、CVE232件に対応--2011年まとめ(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

2011年に公開された月例パッチは99件、CVE232件に対応--2011年まとめ(日本マイクロソフト)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

日本マイクロソフト株式会社は12月18日、2011年に公開した月例セキュリティ情報についてブログでまとめている。2011年はに公開されたセキュリティ情報は99件で、232件のCVEに対応した。CVEの件数は2010年下半期をピークにやや減少傾向にある。深刻度では「緊急」の割合が全体の3分の1にとどまり、これは月例セキュリティ情報を開始した2003年以来、最も少ない割合となっている。絶対数においても2006年以降で最小となった。

なお、月例セキュリティ情報の件数が最も多かったのは2010年、「緊急」の割合および絶対数が最も高かったのは2006年であった。また、ここ数年は年に2~3件あった定例外のリリースについては、2011年は0件となっている。これは、より進んだ脅威の観測や分析、回避策の提供、Microsoft Active Protection Program(MAPP)を通じての保護策の提供、開発チームの努力などが要因であるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×