Javaの脆弱性(CVE-2011-3544)を悪用する攻撃の増加を確認(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

Javaの脆弱性(CVE-2011-3544)を悪用する攻撃の増加を確認(日本IBM)

脆弱性と脅威 脅威動向

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)の東京SOCは12月5日、「Java」の脆弱性を悪用する攻撃を確認したとレポートしている。

この攻撃は、Java(JRE/JDK)6 Update 29およびそれ以前に存在する脆弱性(CVE-2011-3544)を悪用するもので、改ざんしたWebサイトを閲覧させることによるドライブバイダウンロード攻撃や、スパムメールの不正なリンク経由で実行されている。古いバージョンのJavaがインストールされた環境でこういった攻撃を受けた場合、ウイルスに感染する危険性がある。

東京SOCでは、この攻撃によるマルウェアダウンロードの被害が増加傾向にあることを確認しており、Java利用している場合は脆弱性が解消された最新バージョンへアップデートするよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×