Googleネットワークと偽のSNSインタフェースを使用する詐欺を確認(Dr.WEB) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

Googleネットワークと偽のSNSインタフェースを使用する詐欺を確認(Dr.WEB)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は12月1日、ソーシャルネットワーク「VKontakte」のユーザを直接の標的とする新たな詐欺手法を確認したと発表した。この詐欺では、目的を達成するために攻撃者はGoogleネットワークと、ポピュラーなソーシャルネットワークのインタフェースを模倣した「偽の」サイトを利用している。この詐欺では、Google検索エンジンを使用している際に「アカウントはロックされています。有効化が必要です。」という内容の広告が表示される。

またソーシャルネットワークvkontakte.ruとよく似たアドレスを持つvkankalte.ruへのリンクも表示されることで、ユーザの間違いを誘発する。リンクをクリックすると偽のVKontakte画面が開き、「スパムを配信したためにアカウントがブロックされている」というチャットウィンドウが表示される。アカウントを有効にするには、特別なフォームに携帯の番号を、また受け取ったSMSに含まれているコードを入力するよう促される。ユーザが入力してしまうと、一定の金額を定期的にアカウントから引き落とされる有料サービスに加入してしまう。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×