ハッカーが水道局システムの画像を投稿、侵入した証拠か(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

ハッカーが水道局システムの画像を投稿、侵入した証拠か(The Register)

国際 TheRegister

オンラインに投稿された画像が、第2の水処理施設を制御するコンピュータに対してハッカーが不正アクセスを行った可能性を示しているという主張により、米国の重要インフラのセキュリティに関する新たな懸念が生じている。

金曜早くに投稿された5枚のコンピュータスクリーンショットに、テキサス州サウスヒューストン市の上下水道局の監視制御装置で使用されているユーザーインターフェイスが示されているという。これらは木曜に掲載されたRegisterの記事内のコメントに反論するため、pr0fを自称する何者かにより投稿されたものだ。同記事では、新たな水処理施設に対する攻撃の報告を受け、米国土安全保障省のスポークスマンが需要インフラが危険にさらされたことを示す「信憑性のあるデータ」は確認されていないと回答している。

「私は国家基盤がいかにクソな状態かを軽視する傾向にある国土安全保障省のやり口が、非常に気にくわない」と、同投稿は述べている。「様々な人が、この種の攻撃が行われる可能性を疑っているのも見てきている。」

pr0fが投稿し続けたのは、他の産業機器を制御するインターネット接続したコンピュータが、無許可の団体により容易にアクセスされ得ることの証拠であると主張するものだ。5つの画像には、サウスヒューストンの上下水道局職員により使用される、非常にセンシティブな器材を制御するHMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)らしきものが示されている。1つのインターフェイスは、同市の廃水処理施設を監視、制御する装置を示しており、これには発電機およびエアフローを制御する「送風機」のように見えるものが含まれている。

Water treatment SCADA screenshot

The Registerは、この画像がシステムに対する不正アクセスにより獲得されたという主張を確認できなかった。市職員は現在も、pr0fの主張を認めても、否定してもおらず、国土安全保障省の関係者はコメントを求めるメールに回答…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×