コードをアドレスバーに貼り付け実行するよう表示するFacebookスパム(Dr.WEB) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

コードをアドレスバーに貼り付け実行するよう表示するFacebookスパム(Dr.WEB)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は11月21日、同社のウイルスアナリストがFacebookを利用した大量のスパム配信を確認したと発表した。侵入者の要求に従ってしまったユーザは、自身が気づかないうちにスパムメールの拡散者となってしまう。これは、リストに登録されている友人と思われる個人的なメッセージを受け取るというもの。メッセージはレディー・ガガに関するもので、自動的に作成されており、Facebookページへのリンクを含んでいることもある。なお、攻撃者が作成したFacebookページは8種類が確認されている。

このページにはYoutubeにそっくりなインタラクティブオブジェクトが含まれているが動画は再生されず、代わりに「この動画はアダルト向けである」という警告が表示され、「Continue」をクリックするとJavaScriptで書かれたスクリプトへのリンクを含んだ文字列がクリップボードに表示される。この文字列をアドレスバーにペーストするよう表示し、その結果JavaScriptが呼び出される。スクリプトは、あらかじめ用意されたテキストの中からメッセージを作成し、cookie認証を利用して被害者の友人リストに含まれている人物に自動的に送信する。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×