ITセキュリティを真剣に受け止めている社員は4割にとどまる--Avira調査(Avira) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

ITセキュリティを真剣に受け止めている社員は4割にとどまる--Avira調査(Avira)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

独Avira社は11月17日、同社が実施した会社のセキュリティに対する従業員の意識に関するアンケートの調査結果を発表した。

このアンケート調査は2011年9月、Aviraのユーザに対して実施したもので、回答数は991件。調査結果によると、回答者の38.95%が「自社を守るために決められたセキュリティポリシーに忠実で、会社全体で常に気をつけることが重要」と感じていることがわかった。しかし、ほぼ同数の35.42%が「業務で所定のセキュリティポリシーがあると認識しながら、そのポリシーに従っていようといまいと全く気にしない」と思っていることが明らかになった。

また残りの回答者、25.63%は「セキュリティはITシステム管理部の責任で、従業員は気にかけなくていい」と受け止めている。同社のデータセキュリティ専門家であるソリーン・ムスターカ氏は、「ITセキュリティについて人々をもっと啓発していかなくてはならない」として「常勤の社員で打ち合わせすることが大切です。打ち合わせでは、勤務中にセキュリティに気を配る重要性を取り上げ、また、企業ネットワークや小規模の事業ネットワークに何も問題がないことを確認してください」と述べている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×