謎のマルウェアがニュージーランドの救急車システムを汚染〜配車担当が医療スタッフの携帯に電話して対処(The Resister) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

謎のマルウェアがニュージーランドの救急車システムを汚染〜配車担当が医療スタッフの携帯に電話して対処(The Resister)

国際 TheRegister

先週、ニュージーランドの救急サービスに影響を及ぼしたコンピュータウイルスの感染により、配車担当者は手動バックアップシステムの力を借りざるを得ない状況にあったと、地元のマスコミが報じている。

セントジョン救急車サービスをサポートしている通信ネットワークが、無名のマルウェアにより妨害された。この問題により、モバイルデータサービスおよび呼び出しサービスがもっとも影響を受けており、ある種の回線食いワームがシステムに過剰に負荷を掛けたことを示唆している。配車スタッフは通常、オンボード・モバイル・データ端末から救急隊員に出動情報を送信するのだが、マルウェアが原因で、彼らは救急ステーションもしくは救急隊員の携帯電話に電話をかけざるを得なかった。

「アンチウイルス・ソフトウェアはシステムの保護は行いましたが、ウイルスが原因で、いくつかのシステムサービス、主として呼び出しおよび無線関連のサービスに影響が出たのです」と、セントジョン救急サービスの通信オペレーション担当マネージャーAlan GoudgeはThe Waikato Times語った。「ウイルスが検出されると、ただちにバックアップシステムに引き継がれ、作業負荷は手動で管理されました。」

セント・ジョン救急車ネットワークは、ニュージーランド全域の救急サービスの90パーセントを処理している。この問題で影響を受けた緊急出動命令があったのか、あるいは応答時間にどのような影響があったのかは不明だ。

この攻撃は先週の水曜に起き、数時間で食い止められたが、同サービスを標的として…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×