米シティに不正アクセス、流出した個人情報は銀行カード顧客の約1%(シティグループ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.20(金)

米シティに不正アクセス、流出した個人情報は銀行カード顧客の約1%(シティグループ)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

米金融大手のシティグループ(Citigroup)に不正侵入があり、顧客の個人情報が流出したと複数のメディアが6月9日に伝えている。これは同社のオンラインサービス「シティ・アカウント・オンライン」に不正侵入があったというもので、銀行カード顧客の約1%の氏名、口座番号、メールアドレスなどが流出した。なお、生年月日や社会保障番号、カードの有効期限、セキュリティコード(CVV)などは流出していないとしている。
(吉澤亨史)

http://www.citi.com/citi/homepage/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×