違法ファイル等のダウンロード数は推定43.6億ファイル--RIAJ調査(RIAJ) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

違法ファイル等のダウンロード数は推定43.6億ファイル--RIAJ調査(RIAJ)

一般社団法人日本レコード協会(RIAJ)は3月9日、「違法配信に関する利用実態調査」の結果を発表した。この調査は2010年8月31日から9月6日、インターネットアンケート調査により実施したもの。RIAJが2010年8月10日から8月16日まで実施した「音楽メディアユーザ調査」にお

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
一般社団法人日本レコード協会(RIAJ)は3月9日、「違法配信に関する利用実態調査」の結果を発表した。この調査は2010年8月31日から9月6日、インターネットアンケート調査により実施したもの。RIAJが2010年8月10日から8月16日まで実施した「音楽メディアユーザ調査」において「違法ファイルのダウンロードを経験した」とする対象者を抽出して実施されている。回収サンプル数は1,217。

調査結果によると、違法ファイル等の認知・利用率では、動画配信サイトの利用率は29.6%、認知率は68.1%、P2Pファイル共有ソフトの利用率は5.0%、認知率は44.6%、その他のPCサイトの利用率は10.4%、認知率は49.3%、携帯電話向け掲示板サイトの利用率は9.4%、認知率は55.3%であった。また、違法サイト等利用者のうちのアップロード経験率は18.8%で、認知率は65.3%。これらの結果から推定される違法ファイル等のダウンロード数は43.6億ファイルであり、正規有料音楽配信の2010年ダウンロード数4.4億ファイルのおよそ10倍となる。また、これを正規音楽配信の販売価格に換算すると6,683億円となり、正規音楽配信の2010年間売上860億円のおよそ8倍に相当するという。
(吉澤亨史)

http://www.riaj.or.jp/release/2011/pr110309.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×