携帯キャリアはSMSベースのボットネットの監視・対応を検討すべき(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

携帯キャリアはSMSベースのボットネットの監視・対応を検討すべき(マカフィー)

脆弱性と脅威 脅威動向

マカフィー株式会社は1月11日、同社McAfee Labsがモバイルボットネット開発の課題について検証したとブログで発表した。これは、セキュリティ研究者であるCollin Mulliner氏とJean Pierre Seifert氏が携帯電話会社のネットワークでボットネットのコマンド&コントロールを確立する、さまざまな方法を検証したというもの。

検証では、バイナリモードのSMSを使用することで、より少ないスペースでコマンドをコード化し、コマンド&コントロールメッセージを検出されにくくすることができた。同時に、SMSに加えてP2Pとhttpの2つのプロトコルを組み合わせることで、ボットネットの堅牢性を高められることが判明した。このことから、携帯通信事業者はSMSベースのボットネットの監視・対応を検討すべきと結論づけている。

http://www.mcafee.com/japan/security/mcafee_labs/blog/ibots-mobile-phone-network-0wnage.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×