ホスティングにCDNサービスを提供開始、高速化と耐障害性を両立(GMO-HS) | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

ホスティングにCDNサービスを提供開始、高速化と耐障害性を両立(GMO-HS)

GMOホスティング&セキュリティ株式会社(GMO-HS)が運営するホスティングブランド「アイル」は10月5日、Webサイトの表示速度を大幅に向上させ、トラフィック分散によってサーバ負荷を軽減する「Web高速化(CDN)サービス」を同日より提供開始したと発表した。本サービス

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
GMOホスティング&セキュリティ株式会社(GMO-HS)が運営するホスティングブランド「アイル」は10月5日、Webサイトの表示速度を大幅に向上させ、トラフィック分散によってサーバ負荷を軽減する「Web高速化(CDN)サービス」を同日より提供開始したと発表した。本サービスは、Webコンテンツを世界各地にある大規模なサーバネットワークを経由して配信するもの。

エンドユーザのリクエストに対し最も近いキャッシュサーバから配信が行われるため、Webサイト表示速度の高速化だけでなく動的コンテンツを含むWebアプリケーションの表示速度が向上し、同時に高い耐障害性も確保する。メインサーバへのリクエスト回数が減るため、メインサーバの負荷軽減にも有効となる。また本サービスは国内だけでなく、海外も対応する。月額105円/転送量1GBからの従量課金制となっており、「アイル」以外のサーバのユーザでも本サービスのみの利用が可能だ。

http://www.gmo-hs.com/news/press/isle/101005_1975.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×