「ASECレポート 11月号」のサマリーを発表、スパムメールを警告(アンラボ) | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

「ASECレポート 11月号」のサマリーを発表、スパムメールを警告(アンラボ)

 株式会社アンラボは12月24日、同社ウイルス対応チーム、AhnLab Security Response Emergency Center(ASEC)が毎月発行しているASECレポートの2008年11月号サマリーを発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社アンラボは12月24日、同社ウイルス対応チーム、AhnLab Security Response Emergency Center(ASEC)が毎月発行しているASECレポートの2008年11月号サマリーを発表した。

 11月の悪性コードの被害総数は3,658件。10月の2,995件より少し増えてはいるものの、前年同期や5月〜7月の頃に比べると落ち着いた状態となった。レポートによると、クリスマスおよび2009年の新年が近づくにつれ「Marry X-mas!」「Happy new year!」などのタイトルのスパムメールが増加傾向を見せ、添付される悪性コードによる感染被害報告が増加するとのこと。そのため、送信者が不明なメールは削除し、被害を未然に防止する必要があると改めて注意を呼びかけている。

 トップ10には、10月と同じくトロイの木馬系ワームが並んでいるが、11月は「Win32/Mydoom.worm.371712」と「Dropper/OnlineGameHack.20992」がランクインした。これでゲームハッキング悪性コード3つがトップ10に現れたが、一般的にゲームハッキング悪性コードは、ほとんどが改ざんされたWebサイトを通じて流布していることから、ページビューの多いどこかのサイトが改ざんされた可能性が高いとレポートでは分析している。

 また、そのひとつ「Win32/Mydoom.worm.371712」は、11月10日頃にユーザーからメールで拡散しているという報告があったそうで、報告された悪性コードのメールアドレスとタイトルも掲載されている。該当メールに添付された、PDFファイルに偽装した実行ファイル「POSTCARD.PDF」をクリックすると、悪性コードに内蔵されたSMTPエンジンを利用しスパムメールを発送するタイプの悪性コードだそうだ。

http://japan.ahnlab.com/news/view.asp?seq=3769
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×