Weekly Topics:ハーバード大学ウェブサイトをハッキング | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

Weekly Topics:ハーバード大学ウェブサイトをハッキング

国際 海外情報

米国の名門大学、ハーバード大学のウェブサイトの1つがハッキングされたようで、サイトの内容がBitTorrentのネットワークで見つかった。

内容というのは、圧縮化処理を行った125MBのファイルで、ハーバードの教養学部大学院(Graduate School of Arts and Science)のデータベースだ。BitTorrentのP2Pファイル共有ネットワークでダウンロードできるようになっていた。提供されていたネットワークは音楽や動画、ゲーム、ソフトウェアなどをダウンロードできる『The Pirate Bay』だ。

事件を報じた『PC World』の記事によれば、提供されていたファイルはサイトのバックアップだと、トレントに添付されたメモは説明しているようだ。中には連絡先のファイルと、オープンソースのコンテンツ管理システム、Joomlaに関連付けしたファイルが含まれている。

また、提供者は、ハッキングで奪ったファイルを共有化することで、ハーバードのサーバーが安全でないことを示すのが、今回の目的だったと述べている。さらに、サイトのシステム管理者のユーザ名、パスワードに関する情報も明らかにしている。"Stupid people(馬鹿)"という言葉を用いて、セキュアなパスワードを使っていなかったことを攻撃している。

サイトから盗んだと見られているファイルが見つかったのは2月18日。やはり18日付の『PC World』の記事も、教養学部大学院のウェブサイトwww.gsas.harvard.eduは掲載当日、オフラインだったとしているが、19日現在もオフラインのままだ…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】
──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内 http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?w02_ssw
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×