「Share」で入手したソフトを複製し販売していた男性を送致 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

「Share」で入手したソフトを複製し販売していた男性を送致

製品・サービス・業界動向 業界動向

ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、兵庫県警生活経済課、同生活安全企画課と灘署、長田署は7月5日、権利者に無断で複製したコンピュータソフトを販売していた横浜市の無職男性(40歳)を、著作権法違反の疑いで逮捕し神戸地検に送致した。

この男性は、平成18年12月13日頃から平成19年5月1日までの間、アドビ システムズ インコーポレーティッドが著作権を有する「Adobe Acrobat 8 Professional」、株式会社ジャストシステムが著作権を有する「JUST Suite 2007特別優待版」など合計4種類、株式会社ゼンリンが著作権を有する「デジタウン東京都練馬区」他2種類のソフトをそれぞれ権利者に無断で複製したCD-R合計10枚を、三重県名張市の男性など3人に対し、郵送で販売していた。警察の調べによると、男性は海賊版を作成するための「マスター」ソフトには、正規品ソフトだけでなくファイル交換ソフト「Share」を通じて入手したソフトを利用していたことを供述している。

ACCS
http://www2.accsjp.or.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×