ニンテンドーDSの海賊版を販売していた男性を逮捕、全国初の摘発 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

ニンテンドーDSの海賊版を販売していた男性を逮捕、全国初の摘発

製品・サービス・業界動向 業界動向

ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、警視庁生活経済課と練馬署は9月14日、自らが運営するホームページを通じて権利者に無断で複製した携帯型ゲーム機ニンテンドーDS用のゲームソフトを販売していた練馬区の会社員男性(45歳)を、著作権法違反の疑いで逮捕したと発表した。

男性は、ホームページの中で25〜37タイトルのゲームソフトの入ったCD-ROMを3,800円で販売し、「製品版ソフト約1本分の出費でこんなにもたくさんのソフトがプレイできます」と紹介していた。また、男性は「フルセット」の名目で、ニンテンドーDSに対応するゲームソフト211タイトルが入ったDVD-Rを16,800円で販売していた。正規品ソフトの価格は、1タイトルにつき2,800円〜4,800円程度。一般ユーザから任天堂へ、男性が運営するホームページの情報提供があり、侵害を確認した任天堂の担当者がACCSに相談したことがきっかけだったという。

ACCS
http://www2.accsjp.or.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×