米で反スパム同盟、一斉にスパム業者を起訴 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.14(火)

米で反スパム同盟、一斉にスパム業者を起訴

国際 海外情報

 米国のポータルサイト運営大手4社が、10月28日、一斉にスパム業者を起訴した。

●反スパム、新ラウンドへ進んだAOL

 これはアメリカオンライン(AOL)、マイクロソフト、Yahoo、Earthlinkが、連邦政府の反スパム法を違反したとして、米国各地でスパム業者に対する訴えを起こしたもの。そのうちAOLについては、初めてインスタントメッセージングを利用した業者を相手にしたものであったとして、注目を浴びている。

 インスタントメッセージングは、IMとも言われ、AOLのインスタントメッセンジャーやMSNメッセンジャーのような、数行のメッセージをやり取りするためのツールだ。ほぼリアルタイムでのやりとりが可能で、任意のユーザと手軽にチャットができるという手軽さから過去数年、急速に普及を続けている。AOLの推定では米国における一日あたりのIM通信の数は現在15億件と見ている。

 AOLではIMをターゲットにしたスパムを新しいスパムの形態として、スパム(spam)ではなくスピム(spim)と呼んでいるが、このところスピムが問題になり始めている。同社、スポークスパーソンのニコラス・グラハムによると、スピムメールの送付のために、ハッカーに不正利用されたり、新たに開設されるIMアカウントは一日あたり1万件だ。同社では、一つのアカウントから送付できるIMの数を制限するなど対策に努めているが、今回、新たな戦略としてバージニア州アレキサンドリアの地方裁判所で、成人向け内容のスピムを送付したとして起訴たものだ。

 また、被告はAOLのチャットルームを訪れて、スピム送付のための、IMアカウントの情報収集、不正なアカウントを開設、あるいは他人のアカウントの盗難を行っていたという。


【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×