インターネット詐欺摘発、62人を逮捕(米連邦捜査局) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.14(木)

インターネット詐欺摘発、62人を逮捕(米連邦捜査局)

国際 海外情報

 米連邦捜査局(FBI)は5月23日、インターネット詐欺容疑で62人を逮捕したと発表した。被害総額は1億1700万ドル、被害者数は5万6000人以上と見られている。FBIによると、FBIと他の捜査機関が共同で行ったコードネーム“Operation Cyber Loss”と呼ばれる一連の捜査が功を奏し、今回の大規模な摘発となった。個々の被害額は、50ドル〜5000ドルとなっている。サンディエゴを拠点とするある犯罪組織は、3年間にわたって虚偽のインターネットサービスを3000人の投資家に販売し、総額5000万ドルを騙し取っていた。当該事件では、39人が起訴された。

 今回の捜査は、FBIと全米ホワイトカラー犯罪センターが共同で運営しているインターネット詐欺苦情センターに寄せられた情報をもとに進められた。苦情センターのウェブサイトには、昨年(2000年)一年間で約3万6000件の苦情が寄せられた。そのうち、3万件以上がさらなる調査が必要と見なされ、警察に委ねられた。その一例を挙げると、マイアミで実際には存在しないインターネット・ショッピングモールへのアクセス権を取得するため、295ドル支払ったとする苦情が相次いだ。FBIが捜査したところ、被害者数は約4万6000人、被害総額は1400万ドルに上った。

 FBIのTom Pickard副長官はインターネット・ユーザに対し「インターネットは集客が容易な上に匿名性が可能であるため、インターネットを悪用した犯罪が急増している。書かれてあることを鵜呑みにするな、という格言があるが、それはインターネット上においても当てはまるだろう」と注意を呼びかけた。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

    死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  2. どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

    どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

  3. 米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

    米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

  4. 捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

  7. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  8. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  9. スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

  10. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×