2024年1月のScan PREMIUM 会員限定記事 | ScanNetSecurity
2024.06.25(火)

2024年1月のScan PREMIUM 会員限定記事

Apache ActiveMQ における遠隔からの任意のコード実行につながるシリアライズデータが操作可能となる脆弱性(Scan Tech Report) 画像
脆弱性と脅威
株式会社ラック デジタルペンテスト部
株式会社ラック デジタルペンテスト部

Apache ActiveMQ における遠隔からの任意のコード実行につながるシリアライズデータが操作可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

2023 年 10 月に、Apache ActiveMQ にて遠隔コード実行につながる脆弱性に対するエクスプロイトコードが公開されています。

そのセキュリティ専門家は「ニセ サイバーサマリア人(善人のふりをした悪人)」ではありませんか? 九つの特徴 画像
国際
The Register
The Register

そのセキュリティ専門家は「ニセ サイバーサマリア人(善人のふりをした悪人)」ではありませんか? 九つの特徴

 それぞれの恐喝の試みで異なる偽名が使われているものの、被害者たちとのやり取りには、以下のとおり多くの類似点が見られた。このことは、2 つの攻撃の背後には共通する 1 人の人物がいることを示している。(1)セキュリティ研究者であると主張 (2)ランサムウェアギャングのサーバーを経由して盗まれたデータにアクセスできると主張 (3)匿名メッセンジャーアプリ「Tox」を使ってやりとり・・・

Microsoft Kernel Streaming Server における Type Confusion の脆弱性(Scan Tech Report) 画像
脆弱性と脅威
株式会社ラック デジタルペンテスト部
株式会社ラック デジタルペンテスト部

Microsoft Kernel Streaming Server における Type Confusion の脆弱性(Scan Tech Report)

2023 年 9 月に修正された、Microsoft Windows OS での権限昇格が可能となる脆弱性のエクスプロイトコードが公開されています。

「企業のお粗末なセキュリティ対策の違法化」「身代金支払い全面禁止」~ 有効な立法施策とは? 画像
国際
The Register
The Register

「企業のお粗末なセキュリティ対策の違法化」「身代金支払い全面禁止」~ 有効な立法施策とは?

 ランサムウェアとの戦いにおける次の一手は、立法府からもたらされなければならない。2024 年は脅威を永久に抑えつけるのに役立つ効果の高い政策決定が行われた年としても、人々に記憶されるようにすることができるし、そうならなければならない。とはいえ、この問題に完璧な解決策はない。立法を通したランサムウェア対策に関してはいくつかの考え方があるが、その中で最も注目されるのは、民間企業および公共機関の両方に身代金の支払いを全面禁止することだ。

Microsoft Defender に擬装しマルウェアを歓迎する攻撃ツール 画像
研修・セミナー・カンファレンス
中尾 真二( Shinji Nakao )
中尾 真二( Shinji Nakao )

Microsoft Defender に擬装しマルウェアを歓迎する攻撃ツール

 かくしてシグネチャファイルを書き換えるツール、Defender Pretender(wd-pretender.exe)が完成した。Defender Pretender は、マルウェアやスパイウェアのブラックリスト、ホワイトリストを制御できる。つまり偽の Defender が正規の Defender をバイパスできることになる。攻撃者はシステムの保護機能に煩わされることなく、マルウェアをインストールすることができる。

犯罪者を騙す手口、セキュリティ技術者の潜入捜査 画像
国際
The Register
The Register

犯罪者を騙す手口、セキュリティ技術者の潜入捜査

 ランサムウェア集団の取り締まり活動の詳細が明らかになることはまれである。シンガポールを拠点とする Group-IB の脅威インテリジェンスチームは、多数のランサムウェア集団やその関係先に潜入してきたがその全貌は明かされていない。どうやってサイバー犯罪者の集団に潜入し続けたのか? そして、それぞれの活動の詳細とは?

NASA 宇宙サイバーセキュリティガイド/ウクライナ 対露サイバー攻撃実施発表 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2023年12月度] 画像
脆弱性と脅威
株式会社 サイント 代表取締役 兼 脅威分析統括責任者 岩井 博樹
株式会社 サイント 代表取締役 兼 脅威分析統括責任者 岩井 博樹

NASA 宇宙サイバーセキュリティガイド/ウクライナ 対露サイバー攻撃実施発表 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2023年12月度]

 ハマスとイスラエルの武力衝突に関連しても、興味深いニュースが報じられています。これは、親イスラエルのハッカーがイラン全土の約 7 割のガソリンスタンドの支払管理システムを停止したというものです。

glibc の ld.so における GLIBC_TUNABLES 環境変数の処理に起因するバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report) 画像
脆弱性と脅威
株式会社ラック デジタルペンテスト部
株式会社ラック デジタルペンテスト部

glibc の ld.so における GLIBC_TUNABLES 環境変数の処理に起因するバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

2023 年 10 月に、Linux OS で幅広く利用されているライブラリ glibc に、権限昇格につながる脆弱性が報告されています。

今日もどこかで情報漏えい 第20回「2023年に最も読まれたセキュリティ事件・事故・情報漏えい・不正アクセス記事 ベスト10」 画像
特集
リーク・東郷
リーク・東郷

今日もどこかで情報漏えい 第20回「2023年に最も読まれたセキュリティ事件・事故・情報漏えい・不正アクセス記事 ベスト10」

2023 年に取り上げたセキュリティ事故やインシデント記事の総件数は 621 本、最も被害規模が大きかったのは「内部調査で判明、アカウント連携システムの不備で「出前館」アカウント情報が閲覧された可能性」

    Page 1 of 1
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

    ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

    ×