善意目的でスパム46万通、慈善団体が当局からお目玉 | ScanNetSecurity
2024.04.15(月)

善意目的でスパム46万通、慈善団体が当局からお目玉

 「我々は小規模な慈善団体が法律を理解するのに支援が必要であることを理解している。しかし、これは法律を破る言い訳にはならない」

国際
(イメージ画像)

 一般的にスパムメールを送りつけて英国データ監視委員会から警告を受け恥をかくのはエネルギープランの改善を提案する企業や、ローンや借金の専門家と相場が決まっているが、最近恥の殿堂入りを果たしたのは、とある慈善団体であった。

 情報コミッショナー事務局(ICO)は、世界 30 カ国以上の危機的状況にある国々に援助を送る Penny Appeal に配信停止を命じた。

 ICO によると、この慈善団体は 10 日間に 46 万通以上の迷惑メールを、メッセージの受信に同意していない、あるいは「明確にオプトアウト」している 5 万 2,000 人に送信していたことが判明した。

 メールの受信後、ICO と Mobile UK のスパム報告サービスには 354 件の苦情が寄せられた。その中には、オプトアウトの返信が無視されたとの報告や、メッセージが押しつけがましく、しばしば深夜に送られてきたとの報告もあった。

 ICO は、公式調査の過程で、Penny Appeal が新しいデータベースを構築し、ユーザーのオプトアウト要求が記録されておらず、過去 5 年以内に同慈善団体と「やりとりしたことのあるすべての人」にメッセージが送信されていたことを発見したと述べている。


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

    悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

  2. サイバー犯罪者がある種の道徳的指針を持つ時代は過ぎ去った

    サイバー犯罪者がある種の道徳的指針を持つ時代は過ぎ去った

  3. 訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

    訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

  4. オープンソース開発者をパニックに陥れた EUサイバーレジリエンス法 最終決定

  5. NIST CSF 2.0 リリース ~ 新たに追加された 6 番目の機能の役割

  6. 裁判所がシスコに Webex ではなく Zoom の使用を命令、「Zoomのセキュリティ脅威」主張認めず

  7. クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

  8. ウクライナの違法な仮想通貨のマイニング工場を摘発、PS4など3,800台のゲーム機を押収

  9. ボーイング、部品流通事業へのサイバー攻撃発生を認める

  10. バイデン大統領、予算教書で CISA の資金を 30 億ドルに増額 ~ さらに医療サイバーセキュリティに約 15 億ドル要求

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×