退職した元職員が患者情報を不正に取得、個人情報漏えい対策ワーキンググループを立ち上げ | ScanNetSecurity
2024.07.26(金)

退職した元職員が患者情報を不正に取得、個人情報漏えい対策ワーキンググループを立ち上げ

 社会医療法⼈財団慈泉会相澤病院は8月2日、同会の会員管理について発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(当会の情報管理について)

 社会医療法⼈財団慈泉会相澤病院は8月2日、同会の会員管理について発表した。

 同院では3月29日に、退職した元職員が同会のパソコンから患者の個⼈情報・医療情報と同院の法⼈情報等を不正に取得した旨を公表しており、本事案に厳正に対処すべく、松本警察署に告訴状を提出していた。


《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

  2. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  3. 東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

    東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

  4. ベルシステム24 のベトナム子会社に不正アクセス、コールセンター受託業務での顧客情報漏えいの可能性

  5. 東京ガスエンジニアリングソリューションズのネットワークに不正アクセス、約 416 万人分の個人情報が流出した可能性

  6. 損保ジャパンからの出向者が関与か ~ トータル保険サービス顧客の契約情報漏えい

  7. マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

  8. ベンダーに問い合わせても解消に至らず その後対処 ~ 上智大学のソフィアメールシステム上で学生卒業生間の個人情報閲覧可能に

  9. 帝国データバンクでメール誤送信、社内ルールに反し人事コードマスタが含まれた「見積作成ツール」を添付

  10. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×